fc2ブログ

(39)記述問題対策の本の執筆中 その9

記述問題対策の本の執筆も中盤戦といったところでしょうか。

記述問題を中心に出題する学校の過去問をばりばり解きながら、問題の種別を分類しています。

筑駒、灘、開成、麻布、栄光、駒東、武蔵、芝・・・といったところ。

自分の中ではまだほとんど書いていないのに、間もなく100ページ近くなってしまいます。

そんなに書いたっけなと思うのですが・・・。

これはどこかで大きく削るか、それとも、文字を小さくするか。

まだ実際の入試問題を載せるスペースもあるし、このままでいくと300ページとか、そのくらいになってしまいそうです。

う~ん、どうしようか。

しかし、とにかく時間が欲しい!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
↑最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると、ポイントが加算され、多くの方の目に留まりやすくなります。応援していただけると嬉しいです。
スポンサーサイト



(38)記述問題対策の本の執筆中 その8

数学(算数)の問題集でも、一番知りたいのは、

どうやってその解に辿り着くのか

どんなふうに頭の中が働いているのか

ということではないでしょうか。

私が数学の問題集(参考書)を書いたときも、その部分をできるだけ詳しく、わかりやすいようにしようと努めました。

自分が問題集(問題集)を選ぶときの基準はそこですから。

ですから今回、国語の記述問題対策の本も、その部分に注力したいと思っています。

「どうしてそういう答えになるの?」

「どうやって考えればその答えに辿り着くの?」

それをなるべくわかりやすく伝えたいと思っています。

そのためにはどういう紙面にするか?

書いていくうちにアイデアは沸いてきます。

こういうのもいいな!

お、こんなのも面白そうだ!

そんなふうに、自分が一番楽しめる本になりそうです。

進捗状況としては、ようやく「詩」が一段落ついたところです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
↑最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると、ポイントが加算され、多くの方の目に留まりやすくなります。応援していただけると嬉しいです。



*さて、中学受験国語の記述問題対策に特化した「若杉国語塾(仮)」は2019年春の開塾を目指しています。

が、それまで待てないという方、もっと早くから授業を受けてみたいという方には、「家庭教師」として授業をお引き受けしたいと思います。

対象は現在小5、小6のお子さんです。

ただし、家庭教師で授業をお引き受けできる件数には限りがあります。


2018年11月18日現在の空き状況は以下の通りです。

・水曜日 16:00〜18:00 ←ご予約いただき、空きがなくなりました!

・木曜日 16:00〜18:00 ←ご予約いただき、空きがなくなりました!

・金曜日 16:00〜18:00、19:00〜21:00など 山手線内または沿線、あるいは、さいたま市から1時間圏内の方


家庭教師ご希望の方は、

① 生徒氏名、学年
② 最寄り駅と、最寄り駅からご自宅までにかかる時間
③ 電話番号
④ 志望校
⑤ 希望の曜日・時間帯

を明記の上、

wakasugitomoya☆yahoo.ne.jp

(☆は@に変換してください)

までご連絡ください。

折り返し、授業料などの条件面の詳細をお知らせします。

なお、お申し込みは基本的には先着順ですが、前後の移動時間の都合から、お引き受けできない可能性もございます。ご了承ください。

(37)どんな塾にするか? その5

私が作りたいのは国語の記述問題対策に特化した塾なのですが、なぜ記述問題対策に特化した塾なのか?

それはですね、一番は単純に、

楽しいから

です。

国語の問題、特に入試問題を解いていて一番楽しいのは、私の場合、間違いなく記述問題です。

市販の解答なでと時々違っていて、

本当か?

と検討してみるときもすごく楽しい。

人生一度きりですから。

やはり楽しいことにチャレンジしたいと思うのです。

あとはもちろん、記述問題対策に特化した塾ってあまりないな、と。

結構困っている生徒さんは多そうなのに。

それもすごく大きい。

でも、どれくらい自分の塾に需要があるか、正直未知数です。

いま書いている本で、こういうことをやりますと、まずは見てもらいたいです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
↑最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると、ポイントが加算され、多くの方の目に留まりやすくなります。応援していただけると嬉しいです。

(36)無駄なこと? その2

京浜東北線の駅名を順に言えるとか、カブトムシの名前を全部言えるとか、百人一首の歌をすべて諳んじられるとか、、、。

そういうのは受験からすると無駄なことですが、無駄なことって、面白いんですよね。

基本的に、面白いことって受験には無駄じゃないですか?(暴論)

逆に、効率的なことってつまらないんですよね。

効率的な勉強が本当はいいはずなのに、そうでもないというのは、そのあたりにも原因があるのかなと。

受験勉強に無駄なことなんて何もない、なんて言いません。

受験勉強的に無駄なことはたくさんあると思います。

そうではなくて、無駄は大事だよね、ということ。

勉強って面白いからね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
↑最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると、ポイントが加算され、多くの方の目に留まりやすくなります。応援していただけると嬉しいです。

(35)無駄なこと? その1

今日は小春日和で、日中は日向が暑いくらいでした。

うちの子は幼稚園のイベントか何かで千歳飴を作ったとかで、今日持ち帰ってきました。七五三ですね。

いま、小春日和とか千歳飴とか七五三とか、そんな初冬の言葉を使ってみましたが、国語の読解問題を解いていて、言葉を知らないお子さんはやはり圧倒的に不利ですね。

七五三は知っているお子さんが多いと思いますが、小春日和とか千歳飴とか、案外しりません。

小春日和も千歳飴も普通、「受験」には必要ない知識でしょう。

「受験」では、そんな無駄なことを覚えるより、もっと効率よく覚えるべきことがあると考えられています。

それも尤もなことですが、生徒たちを教えていると、そんな無駄なことの積み重ねが、結構大きな差になっているのを実感します。

特に国語の場合は、そうですね。

効率では掬えない部分って大きいです。

案外、たくさんの無駄こそが学力を支えているように思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
↑最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると、ポイントが加算され、多くの方の目に留まりやすくなります。応援していただけると嬉しいです。

若杉国語塾 記述問題対策に特化した中学受験国語専門塾

『中学受験国語 記述問題の徹底攻略』の著者・若杉朋哉が直接指導する 中学受験国語専門塾。 オンラインによる個別指導で、筑駒、開成、灘、桜蔭、麻布、駒東、武蔵、栄光、鷗友、芝など…記述問題対策に特化した授業を行います。
プロフィール

tomoyawakasugi

Author:tomoyawakasugi
若杉朋哉(わかすぎともや)
埼玉県さいたま市在住。
塾講師歴20年目。
記述問題対策に特化した中学受験国語専門塾「若杉国語塾」代表。
著書『中学受験国語 記述問題の徹底攻略』
著書『中学受験国語 記述問題の徹底攻略 基礎演習編』
著書『中学受験国語 記述問題の徹底攻略 発展編』
著書『中学受験国語 記述問題の徹底攻略 演習編』
著書『中学受験国語 記述の技術40』
著書『中学受験国語 選択肢問題の徹底攻略』
著書『すごくわかりやすい 規則性の問題の徹底攻略』
趣味は俳句です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-